新潟大人の火遊び風俗情報 > 不倫募集中の三条の人妻

三条の人妻さんは、童顔でとてもお上品な女子だったのですが………。

その彼女は結婚して3年目の人妻でした。

自宅は燕三条なのですが、週末だけ実家がある新潟市内に帰ってきて高齢者である親の介護をしていたんですね。

でも、老人介護って孤独です。それで週末になると、ついハピメにアクセスするようになって、それで私と知り合ってしまったんです。

人妻の写真

私は口先ひとつで中古車を売っている適当男です。自慢じゃありませんが、調子の良さにかけては人後に落ちません。

それで彼女とLINEのIDを交換してからというもの、歯の浮くようなおべんちゃらをまくしたてたわけです。

彼女は旦那ともうまくいっていないようで、そのうえ燕三条と新潟市内の往復に疲れ切っていました。

それでちょっとくらい息抜きをしたくなってしまったんでしょう。

ときどき私と市内で食事をするようになりました。

不倫の写真

彼女はまだ24才と若いうえに、とても不倫なんかするようには見えないお嬢様風の女子でした。

おべんちゃらというは不思議なもので、相手を褒めちぎっているうち、自分でも自分でいっている通りの「いい女」にみえてきてしまうんですね。

4回目に食事したとき、私はもう必死になっていました。というか本気でした。心の底から彼女とオマンコしたくてしたくてしょうがなくなっていたんです。

「このままじゃ眠れないよ。頼むよ。今晩は一緒に居て!」

彼女は濡れた瞳をキラキラさせて頷いてくれました。

女の画像

それにしても女というのは、見た目の印象だけでは、まったくどんな女なのかわかりません。

彼女はその童顔からは想像もつかないくらい性欲の強い女子でした。

私のチンコを強めに吸引すると、じゅぽじゅぽとはしたない音をたてながら激しく顔を上下させます。もちろん文句があるわけじゃありません。めちゃくちゃ気持ちいいです。

私がクンニをする際には、自分の指でマンコをくぱあと押し広げ、尖ったクリトリスを剥きだしにしてきました。私がもったいつけてクリトリスの先をひと舐めしてやると、

「は! あ、あああ!」

喘ぎながらアヌスを、きゅうっと陥没させます。

そうしてチンコをマンコに挿入したさいには、

「あ、ああ……指、入れて。お尻に指を……!」

という変態チックな要求までしてきます。

私は最後の一滴まで精液を絞り取られ、彼女は顔面騎乗位となって果てました。

「今度会ったときは、どういうエッチしてみたい?」

私が荒い息でそう訊くと、

「うーん。そうだなあ。一回、複数プレイってやってみたい」

って、親が死にかけてるのに、もう複数かい! 

と、思いましたが口にはだしませんでした。

>> 最近の大人の交際体験記(三条の人妻さんと不倫体験)

新潟の女が集まるサイトです


出会い系上記のサイトはLINEのIDを交換してくれる女性が増えてきた感じで、かなり会えます。
新潟の女性会員も多くサクラがいない点、素人ばかりなので援交も多いのですが、主婦狙いならタダマンで会える主婦もいます。