新潟大人の火遊び風俗情報 > 古町のソープ嬢と援交で会って本番

援交で出会った女子は古町で働くソープ嬢でした

先日のキャバ嬢に続き、またまた風俗絡みの出会いがありました。

ハピメを通じて23才の援交女子とアポ取りしたら、彼女は古町のソープで働くソープ嬢でした。

ソープの写真

古町にはいま、9軒ほどのソープがあるんですが、時節柄、客の回転が相当落ち込んでいるのだそうです。ソープ嬢はお客がつかないことにはお金になりません。なので、近頃はオフの日に出会い系で、客を募っているんだとか。

でも、彼女の条件設定は良心的です。ソープに比べて料金は安いし、厳密な時間設定もなされていません。

「でも、店のトップオフがないから、あたしの取り分は同じようなもんなんだよ」

つまり「中間搾取」を省いて、「直接取引」をなさっている、というわけですね。農協を通さず、生産者から直接有機野菜を送ってもらうのと似たような感じです。

でも、こうして客とソープ嬢が直接取引してしまうから、ますますソープに行く客が減ってしまうわけですね。業界にとってはたいへんな悪循環です。

これからの風俗経営は、ほんとにたいへんだと思います。

しかし、我々オマンコ消費者にとってはたいへんありがたい状況ですよね(笑)。

古町の写真

彼女は援交であるにもかかわらず、ちゃんとローションも持参しており、マット洗い(マットはありませんが)や潜望鏡など、ソープと変わらぬサービスを披露してくれました。

当然ですが、たいへん気持ちいいし、ありがたいです。

「援交で出会った客といちいちそんなプレイをしてたら、疲れちゃうんじゃない?」

「でも、お金をもらう以上、一応のサービスをしないと落ち着かないの。それにリピーターを増やさないと、売上あがらないから」

まったくみあげた心がけです。

女の画像

「いまネットを使って個人輸入とか、個人出版とか、いろんなタイプの個人事業主が活躍してるよね。あなたみたいにやる気のある娘なら、いっそ個人ソープを始めたらどう?」

私は調子に乗って提案しました。

「そんなことしたら、お店から睨まれるよ」

「店なんか辞めちゃえばいい。おれ、ソープ好きな奴、いっぱい知ってるから、とりあえず紹介するよ」

「ほんと!」

「それでちょっと当たりをみてみれば」

「ありがとう!」

彼女はお礼のつもりなのか、もう一度私を勃たせ、本番をさせてくれました。

>> 最近の大人の交際体験記(三条の人妻さんと不倫体験)

新潟の女が集まるサイトです


出会い系上記のサイトはLINEのIDを交換してくれる女性が増えてきた感じで、かなり会えます。
新潟の女性会員も多くサクラがいない点、素人ばかりなので援交も多いのですが、主婦狙いならタダマンで会える主婦もいます。